長浜のおもてなし 戦国の舞台と観音の里

北国街道さば寿司ご膳

郷土食の活用

北国街道さば寿司ご膳

鮎そば びわます造り えび豆鯖棒ずし 赤こんにゃく煎り煮 丁字ふぬた和え 他鮎そば びわます造り えび豆
鯖棒ずし 赤こんにゃく煎り煮 丁字ふぬた和え 他

ひりようず 鮒造り コンニャク造り煮そうめん 鮎煮 鯖棒ずし 他ひりようず 鮒造り コンニャク造り
煮そうめん 鮎煮 鯖棒ずし 他

長浜には、かつて中山道鳥居本宿から越前加賀に至る北国街道と北国街道木之本宿から美濃関ヶ原に通じ小谷城、伊吹山付近を通る北国脇往還があり、越前、加賀の諸大名の参勤交代のほか、海陸物産の行き来が盛んにありました。さばも多く往き来した物産で、今でもその名残から湖北地域では家庭でおめでたい席でのさば寿司、保存食のさばのなれずしをおもてなし料理として作る風習が残り、継承されています。