長浜のおもてなし 戦国の舞台と観音の里

北国街道お講汁ご膳

郷土食の活用

北国街道お講汁ご膳

遺徳煮 鱒の刺身 丁字ふねぎぬた 白和え 白むし お講汁遺徳煮 鱒の刺身
丁字ふねぎぬた 白和え
白むし お講汁

打豆汁(お講汁) ワラビ酢の物 遺徳煮 白和え コンニャク造り ご飯 石垣豆腐 エビ豆 他打豆汁(お講汁) ワラビ酢の物
遺徳煮 白和え コンニャク造り
ご飯 石垣豆腐 エビ豆 他

湖北・長浜には真宗寺院が多く、宗祖親鸞聖人の命日(11月28日、旧暦1月16日)に門徒が集い数々の恩、親鸞聖人の威徳を偲ぶ「報恩講(長浜では一般的に“ほんこさん”と言います)」というお勤めが行われ、各寺ではこの集いの後に精進料理がふるまわれます。その中でも中心となるのが湖北地方ではかぶら、油揚げなどを味噌仕立てでかぶらがべっこう色になるまで2〜3日煮込んだ「お講汁」です。その他、地域の豊かな食材や伝統的な料理がならび、今も地域に受け継がれています。