長浜のおもてなし 戦国の舞台と観音の里

郷土食の活用

郷土食の活用

郷土食の活用

四季の自然豊かな滋賀県北部の長浜には真宗寺院が多く、親鸞聖人の遺徳を偲ぶ報恩講と言われる行事や旧街道を通って往来した北陸の海産物の料理、旧街道宿場町でのもてなし、祭礼や寺社の行事、などに使用されてきた郷土食には先人の知恵に培われてきた食文化が形成され、人々の知恵と湖北らしさが凝集しています。このプロジェクトでは、郷土食の特徴である安全で質の良い食材の使用、健康的で豊かな味わいを持つ湖北の郷土食をできる限り取り入れ、あるいは復元しながら湖北・長浜の来訪者に土地ならではの食事を提供したいと考えています。