景況調査の最近のブログ記事

長浜商工会議所では、会員の皆様に景況等の有用な情報を提供して、経営に活かしていただくとともに国、県、市等に意見具申する基礎データとして活用するため、地域内の商工業者の景況及び経済動向等に関する情報を収集・分析する「長浜企業景況調査」を実施しております。

人口が減少局面に入り、日本の経済、社会を取り巻く状況が大きく変化する中で、地域経済を支える小規模事業者の役割は重要性を増しています。こうした中で、小規模事業者の経営にこれまで以上にお役にたつ情報の収集・分析、当所の相談・支援に活かすといった観点から、昨年10月から、現状の調査対象者に加え、小規模事業者を中心に更に220社まで増やして、新たな景況調査を実施しました。

結果は下記の資料をご覧ください。                                                                                             第5回「長浜企業景況調査」(平成29年7月~9月)→長浜企業景況調査(第5回).pdf

長浜商工会議所では、会員の皆様に景況等の有用な情報を提供して、経営に活かしていただくとともに国、県、市等に意見具申する基礎データとして活用するため、地域内の商工業者の景況及び経済動向等に関する情報を収集・分析する「長浜企業景況調査」を実施しております。

人口が減少局面に入り、日本の経済、社会を取り巻く状況が大きく変化する中で、地域経済を支える小規模事業者の役割は重要性を増しています。こうした中で、小規模事業者の経営にこれまで以上にお役にたつ情報の収集・分析、当所の相談・支援に活かすといった観点から、昨年10月から、現状の調査対象者に加え、小規模事業者を中心に更に209社まで増やして、新たな景況調査を実施しました。

結果は下記の資料をご覧ください。                                                                                             第4回「長浜企業景況調査」(平成29年4月~6月)→長浜企業景況調査(第4回).pdf

長浜商工会議所では、会員の皆様に景況等の有用な情報を提供して、経営に活かしていただくとともに国、県、市等に意見具申する基礎データとして活用するため、地域内の商工業者の景況及び経済動向等に関する情報を収集・分析する「長浜企業景況調査」を実施しております。

人口が減少局面に入り、日本の経済、社会を取り巻く状況が大きく変化する中で、地域経済を支える小規模事業者の役割は重要性を増しています。こうした中で、小規模事業者の経営にこれまで以上にお役にたつ情報の収集・分析、当所の相談・支援に活かすといった観点から、昨年10月から、現状の調査対象者に加え、小規模事業者を中心に更に209社まで増やして、新たな景況調査を実施しました。

結果は下記の資料をご覧ください。                                                                                             第3回「長浜企業景況調査」(平成29年1月~3月)→長浜企業景況調査(第3回).pdf

長浜企業景況調査のご報告

第19回(平成24年10月から12月)景況調査の結果がでましたのでお役立てください。

長浜企業景況調査報告簡略版.pdf

 

第8回景況調査速報が出ました。

今回の調査では従業員規模別にみた場合は中堅企業の景気の回復感は口にされていますが、小規模企業においては全体として、景気の底打ち、回復感は見られないようです。サービス業においては消費者の目が一段と厳しくなっておりデフレ感を口にされる事業所もありました。 ただ、全国的な動きをみると大手企業は輸出がかなり持ち直し傾向にあり景気の底を打ったのではないかとの楽観論も聞かれますが、その余波が来るまでにはもう少し時間がかかりそうです。

>>第8回景況調査(pdf)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち景況調査カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはニュースです。

次のカテゴリは検定です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。