取引拡大サポート|長浜商工会議所
長浜商工会議所TOP 取引拡大サポート JAN企業(メーカー)コードの申請

JAN企業(メーカー)コードの申請

JANコードとは

JANコードJAN(Japanese Article Number)コードは、わが国の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。

JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されており、さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます。

JANコードは、国際的にはEANコード(European Article Number)と呼称され、アメリカ、カナダにおけるUPC(Universal Product Code)と互換性のある国際的な共通商品コードです。

なお、JANコードは日本国内のみの呼称で、海外ではEAN(イアン)コードと呼びます。JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。さらに、標準タイプには、最初の7桁がJAN企業(メーカー)コードとなっているものと、9桁がJAN企業(メーカー)コードとなっているものに分けられます。標準タイプ(13桁)は最近、GTIN-13、短縮タイプ(8桁)はGTIN-8と呼ばれることもあります。


はじめてJANコードを登録申請するとき 〜新規登録申請時の注意事項〜

新規にJANコードを申請される場合は「JAN企業(メーカー)コード利用の手引き」をお求め下さい。
全国の商工会議所や一般財団法人 流通開発センターで配布しております。

必ず、「JAN企業(メーカー)コード利用の手引き」巻末の登録申請書をご使用下さい。

誰がJAN企業(メーカー)コードを申請するのでしょうか。

JANコードは原則としてブランド所有者が申請し、自らの商品に付番することになっています。従って、卸売業や小売業の段階で付番することはできません。ただし、卸売業や小売業がオリジナルブランドやプライベートブランドの商品を持っている場合には卸売業や小売業もブランド所有者になりますので、申請することができます。
OEM製造など商品のブランドは別の会社であり、製造の受託をしているのみの企業はJAN企業コードの申請対象にはなりません。また、ブランドがない商品の場合は、商品を主体的に発売する事業者が行います。

2001年1月以降に申請された事業者には、原則として“9桁JAN企業(メーカー)コード”が付番貸与されています。

3年間の利用予想アイテム数が500アイテム以上の場合は、必要に応じて9桁JAN企業(メーカー)コードが複数貸与されます。
申請時に5万アイテム以上の企業には7桁JAN企業(メーカー)コードが貸与されます。

  • 9桁JAN企業(メーカー)コード”1つで、999アイテムまで付番できます。
  • 2001年1月以降は原則としてこの体系で付番貸与されます。
  • 頭の2桁は日本を表す国コードです。
  • 9桁JAN企業(メーカー)コードの国コードは必ず45です。
  • 申請は事業者単位です。商品ごとの申請ではありません。

JAN企業(メーカー)コードの有効期間は、3年間です。

申請手続き詳細については、こちらをご参照下さい。

長浜商工会議所ページの先頭に行く

メニュー